龍が如く6の草野球を完全攻略したスタメンを大公開していく

ss-01

龍が如く6で新たに追加されたミニゲーム「草野球」。

十分なメンバーを集めてスタメンを選んでいくのが結構楽しいですよね。

 

そこで、私が草野球のミッションを完全攻略した際のスタメンを公開していこうと思います。

なかなかミッションをクリアできないという方は参考までにご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

草野球のミッション完全攻略時のスタメン

これが私の草野球スタメンです。

打順 守備位置 選手名 レベル
1 蔵元 4
2 下窪 4
3 ゴリさん 7
4 ジーニー 7
5 桐生 8
6 進堂 4
7 加瀬 4
8 吉田 6
9 酒井 4
p 投手 ゴルチョフ MAX

 

特殊な条件で加入するのは、「蔵元」「ゴリさん」「ジーニー」「加瀬」「吉田」くらいで、その他は初期から在籍するメンバーで構成されています。

そのため、再現性はかなり高いスタメンになっていると思いますよ。

比較的緩い条件で加入してくれるメンバーも多いですからね。

これらのメンバーの加入条件に関しては、龍が如く6攻略!草野球の選手メンバー集めの条件まとめをご覧ください。

 

スタメンを決めるのに意識したことは、守備位置適性と打順。

それぞれの選手の守備位置適性を見て、適した場所を守らせるようにしています。

あまり守備位置適性を気にせずスタメンを選んでいた方は、これを少し意識してスタメンを選ぶだけで、多少の失点を抑えることができますし、対戦相手から見ても後々ボディブローのように効いてきます。

 

あとは攻撃の要となるクリーンナップ。

3番にゴリさん、4番にジーニー、5番に桐生という不動のクリーンナップにしました。

特にこの3人は特訓チケットをガッツリつぎ込んでいるメンバーとなっていますので、ヒットはもちろんホームランですら十分に狙える布陣となっています。

 

スポンサードリンク

 

スタメン選手の育成方針

私の場合は特定メンバーのみに特訓チケットを使用し、その他の選手は試合出場の経験値のみで育成していきました。

特訓チケットが余った場合でも、次回に持ち越し、重点的に主力メンバーの育成に努めましたね。

 

優先して育成していったのが、投手の「ゴルチョフ」と野手の「桐生」。

この2人はチームの2トップと言っても過言ではありません。

なので、最優先で特訓チケットを使用し育成していきます。

 

その他、育成していくのが「ゴリさん」「ジーニー」「吉田」の3人。

その他の選手には一切特訓チケットを使用していません。

 

育成の優先順位としては、こんな感じですね。

ゴルチョフ=桐生>ゴリさん>ジーニー>吉田

 

やはりゴルチョフと桐生は育成すればするほど、怪物化していくので、この2人はマストで育成していくべきです。

ゴリさんとジーニーは攻撃の要となるクリーンナップ。

吉田は育成することでスキルを覚え、投手能力を引き出してくれるので、これも育成していきたいところですね。

 

最後に

いかがでしたか?

私はこのスタメンで草野球ミッションを完全クリアしました。

草野球で勝てないと悩んでいる方は、一度参考にしてみてくださいね。

 

その他、龍が如く6の攻略記事は以下をご覧ください。

龍が如く6攻略、完全網羅

 

 

スポンサードリンク